MENU

ALVARK TOKYO

MENU

NEWS

HOME>ニュース>KAISEI REPORT vol.1【ルカHC編】

KAISEI REPORT vol.1【ルカHC編】

いつもアルバルク東京へのご声援ありがとうございます。
 
昨年の11月からNPO法人Being ALIVE JAPANが主催する「TEAMMATES」の活動で、アルバルク東京に入団した人形 櫂世(ひとかた かいせい)くん(7歳)は、アルバルクの練習やホームゲームへの参加を通してプロバスケットボールクラブに触れています。運動が大好きだった櫂世くんは、昨年6月に突然「ペルテス病」という長期治療の必要な病気にかかり、現在はできることが制限されています。「TEAMMATES」の活動は、櫂世くんのような長期治療を要する子どもたちのモチベーション向上や、復学後のサポートをする活動です。
 
TEAMMATES活動の概要はこちら⇒http://www.beingalivejapan.org/

数回のホームゲーム、練習参加を経てアルバルク東京の選手やコーチ陣、フロントスタッフと触れ合った櫂世くんが「ルカヘッドコーチとお話ししてみたい」と要望があったので直接インタビューをすることに。ルカコーチも快く小さなインタビュアーの質問に答えてくれました!
 
実は、11月の入団会見の際、正中キャプテンが、「ルカコーチは怖い」と言っていたのがずっと引っかかっていた櫂世くんですが、毎回笑顔で接してくれるルカHCに勇気を出してインタビューをしたのでした。
 
s_IMG_1272.JPG
◆櫂世くん
ぼくは、日本以外の国のことを知りません。だから、ルカコーチのお国のことを教えてください。
 
◆ルカHC
私の国はもともとユーゴスラビアというすごく大きい国でした。でも3回の戦争があった中で6つの国に分かれてしまいました。その6つの中でも一番小さいモンテネグロという国が私の国です。モンテネグロは東京の新宿よりも小さいくらいの国で、アドリア海という海に沿っていて、海もあるしブラックマウンテンという山もある素敵な国です。日本人の皆さんは優しい人たちが多いですし、なんといってもご飯が美味しいです。モンテネグロの人々は本当に背が高い人が多く、平均身長でも世界で2番目に大きいんです。でも、あまり豊かな国ではなかったので美味しいご飯は少なかったですね。私はそういう国から来ました。
 
◆櫂世くん
ぼくは今7歳です。おともだちとふざけることが大好きで、たまにふざけすぎてママにおこられます。ルカコーチは7歳のころ、どんな子でしたか?
 
◆ルカHC
櫂世と全く同じです。友達とふざけすぎて怒られてばかりでした。お尻ペンペンされていましたよ(笑)。私の母も愛情には溢れていましたが、怒るときは厳しかったです。だからいい子にしないといけませんでした。櫂世のママも怒ることはあると思いますが、お尻ペンペンはしないのかな?だとすれば君はラッキーだよ。
 
DSC_1124.JPG
◆櫂世くん
ぼくはアルバルクに来てバスケットボールが大好きになりました。もしかしたら、足が治ったらバスケをするかもしれません。ルカコーチはなぜバスケットボールをするようになったのですか?
 
◆ルカHC
私が櫂世くらいの年の頃は、子どもにとっては高いゴール、大きいボールということもあり、バスケは難しいと感じていましたので好きではありませんでした。12歳くらいの頃、街のコートで遊びとして3×3でプレーし始めました。きっかけは、当時まだユーゴスラビアがあったのですが、国際的にも非常に強くてカッコよく、彼らのプレーを見ているうちにバスケットボールの素晴らしさに気づきのめりこんでいきました。
バスケって早いでしょ。パスが回るし、24秒以内にシュートを打たなければいけないとか、テンポが早い、手を使うスポーツなので点数もたくさん入るし、バスケでは色んなプレーが生まれます。それに気づいてプレーを始めました。プレーヤーとしても上達し、ユーゴスラビアのナショナルチームに入り、16歳、19歳の時に代表チームで世界大会を制しました。それ以来バスケットボールを続けています。
 
◆櫂世くん
ホームゲームのとき、他のチームのコーチはスーツを着てるけど、ルカコーチはきてませんね。スーツがきらいなのですか?
ぼくは前からサッカーをみていて、「スポーツのときにスーツってなんだかヘンだなぁ」と思っていました。だから、ルカコーチのスーツをきないスタイルが好きです。
 
◆ルカHC
いい質問ですね!確かにBリーグの他のクラブのコーチはみんなスーツですね。アルバルク東京だけ(着ているポロシャツを指すして)コレです。私たちは、練習するときにはコレを着ています。選手には「練習でやっていることが試合に出る」といつも言っています。練習で着ているもので試合に臨むというのが私のスタイルです。試合に勝つために一番いいと思うものを着ています。
ただ、スーツが嫌いということではありません。食事やフォーマルな時にスーツを着ることは好きですよ。スーツだと動き過ぎるので破れちゃうかもしれません(笑)。
 
s_IMG_1274.JPG
◆櫂世くん
アルバルクの試合は、テレビでいつも観ています。ルカコーチもたくさん映っています。この間、家族で「ルカコーチはいつもコートサイドの同じ場所にしゃがんでるね」っていう話をしました。あの場所でしゃがんだほうが見やすいんですか?
 
◆ルカHC
確かにあの位置は意外に危ないですね。審判はあの辺りを走りますのでぶつかったら、ということはありますが、私は体が強いので大丈夫です。審判の方が危険かもしれませんね(笑)。
もう少し私が若ければ、コートの中に入って選手としてプレーしたいのですが。今でも一番楽しいのはコートでプレーする事だと思ってますから。
ヘッドコーチとしては、私にとってはあの位置が一番全体を見渡せてコーチングしやすいのです。審判とも距離が近いのでお話しすることもできます。
 
◆櫂世くん
(他のスタッフから促されて)でも、ラインを超えちゃダメですよ!
 
◆ルカHC
Wow!わかりました!注意します!(笑)
 
◆櫂世くん
きょうはありがとうございました!ぼくもホームゲームでがんばってお手伝いします!
 
今後の「KAISEI REPORT」もお楽しみに!!